熊本・福岡・九州一円の断熱材アイシネンならお任せ下さい。高気密・高断熱の断熱材アイシネンならクリーンペア九州にお任せ下さい。

断熱材アイシネンサポート熊本・福岡・九州 > 一緒に学ぼう!断熱の基礎知識★ > オイルヒーターって良いの??【熱の伝わり方】を勉強しよう♪

オイルヒーターって良いの??【熱の伝わり方】を勉強しよう♪

投稿日:2014/12/12

結露の話の途中ですが、今回は熱の伝わり方のお話を。
飽きっぽい性分なもので・・・寄り道しながら進めていきたいと思います(^ ^;)
というのも、先日 同僚の美人事務員カオルさんとお喋りしていたら、
ご実家の暖房器具がオイルヒーターで、全然暖かくないのでご両親の健康が心配とのこと。
その話に「へー!」と思ったイソベ。
オイルヒーターだなんて、先進的なご両親!でも、お話によるとそれは貰い物で、なかなか有効活用できていないよう・・・。
その気持ちも分かる。日本でオイルヒーターの良さを享受している家庭って、少ないのでは・・・??(イソベ個人の感想です)
カオルさんにオイルヒーターの仕組み、良さについて力説するも、
全然うまく喋れず空回りしまくったイソベなので、この場を借りて説明し直したいと思います(公私混同でスミマセン)。

 

オイルヒーターについて話すにはまず、熱の伝わり方について説明する必要があると思うので、、、

《3つの熱の伝わり方》
熱は温度の高い方から低い方へ伝わります。まずこれが原則。

①伝導: 物質を通して熱が伝わること。
火にかけた鍋の中の汁物をスプーンでかき混ぜて、そのまま入れっぱなしにして、
しばらくしてそのスプーンを掴んで「あちっっ!」となる・・・

よくあるイソベの行動パターンですが、それは汁物の熱がスプーンの端から端までを伝導していった為    です。
だからお玉の柄には樹脂が巻いてあるんですね~ なるほど(樹脂は熱を通しにくいので)。

伝導を活用した暖房 例)電気カーペット、湯たんぽ

②対流: 液体や気体が移動することで熱が伝わること。
例えばヤカンで湯を沸かすとき、熱を加えるのは底の部分だけですが、
湯は全体がほぼ同じ温度で上昇していきます。
これは、暖められた湯が熱をもつと膨張して軽くなり上方へ移動し、
代わりに冷たい水が下方へ動くためです。

対流を活用した暖房 例)エアコン

③輻射(放射): 熱線によって熱が伝わること。中間に媒体を必要としない熱の伝わり方。
一番の例は太陽。太陽の熱が直接地上に到達し地球を温める、それが輻射伝熱です。
このとき熱は電磁波の形で直接物質に吸収され、物質の温度を上昇させます。

輻射を活用した暖房 例)電気ストーブ、オイルヒーターimg_09

 

 

出てきましたね、オイルヒーター。
オイルヒーターは輻射暖房器具です。
ここからいよいよオイルヒーターのお話!
といきたいとこですが、伝熱の話だけでずいぶん長くなっちゃったので、
オイルヒーターの話は次回にしたいと思います(笑)

お楽しみに笶、


pagetop