熊本・福岡・九州一円の断熱材アイシネンならお任せ下さい。高気密・高断熱の断熱材アイシネンならクリーンペア九州にお任せ下さい。

断熱材アイシネンサポート熊本・福岡・九州 > 一緒に学ぼう!断熱の基礎知識★ > オイルヒーターって良いの??いよいよ本編♪

オイルヒーターって良いの??いよいよ本編♪

投稿日:2014/12/19

前回は、オイルヒーターは”輻射暖房器具”だというところまでお話ししました。
今回はいよいよオイルヒーターの仕組み、メリット・デメリットについてのお話です。

まずはオイルヒーターの仕組みから。
20141217160008-0001

オイルヒーターといえばデロンギ??(イソベ個人の考えです)
ということで、画像はデロンギ オイルヒーターのHPからお借りしています。
《オイルヒーターのメリット》
●部屋全体が温まると快適
●空気を汚さない
●安全性が高い
●乾燥を感じにくい

《オイルヒーターのデメリット》
●電気代が高くつく
●部屋をすぐに暖める能力は低い(温まるまで時間がかかる)

 

エアコンやファンヒーターのように温風で温めるのではなく、
輻射熱によって部屋全体(天井や壁、床)を直接温めるので、
からだを包み込まれるようなじんわりとした暖かさで、
『陽だまりのような暖かさ』と表現されるようです。
温風に当たると水分が失われ、肌や喉に乾燥を感じてしまいます。
その点オイルヒーターは温風を出さないので、
乾燥の心配が少なくからだに負担をかけません。
これ、良いですよね。
わが家はエアコンユーザーなので、部屋は乾燥でカピカピ・・・
冬は加湿器ガンガンたいても湿度はなかなか上がってくれません。
1歳の娘は乾燥で肌荒れが痛々しい・・・
オイルヒーター、良いかも。

 

 

赤ちゃん

でもね、電気代がかなり高くつくらしいんです。
ココが一番気になる点かなぁ・・・
理想は、”オイルヒーターを常に運転して、
部屋自体に熱を蓄えさせ、常にじんわり暖かく快適な状態にする”
と言いたいところですが、
スポット暖房に慣れ親しんだ日本ではなかなか馴染めそうにない感覚です。
そして電気代の請求がべらぼうなことになりそう・・・

 

そしてそして、輻射暖房器具を効率よく利用するには、
住宅がある程度の気密性を備えていなくてはいけません。
隙間風ピューピューの家じゃ、温まるのに時間がかかりまくるでしょうから。
話によれば、カオルさん(前回記事をご参照ください)のご実家は気密が高いとは言えなさそう・・・
となると、やっぱりオイルヒーターを快適に使いこなすのは難しいですね(^^;)

 

最近では高気密住宅が増えてきているので、輻射暖房も注目されてきているようです。
アイシネンを使った高気密住宅なら、輻射暖房で”陽だまりのような暖かさ”を実感できるはずですよ~♪
最後はPRになっちゃいました(笑)


pagetop